事業内容

訪問看護とは

  • 住み慣れた場所で安心して療養生活が送れるように、主治医の指示に合わせ看護師がご自宅を訪問し、療養上のお世話や診療の補助を行います。
  • ご利用いただけるのは通院が困難で主治医が「訪問看護サービスの利用が必要」と認め、要介護状態または特定疾病が原因で介護を必要とする方、もしくは医療処置等を継続中の方です。
  • 退院後も自宅での医療管理が必要な場合(傷の手当て、栄養剤の点滴等)、自宅での療養生活におけるアドバイスがほしいとき等にご利用ください。

具体的なサービス内容

  • 健康状態の管理      : バイタルチェック(血圧、体温、脈拍等)、病状観察、精神面のケア
  • 自宅でのリハビリテーション: 関節の硬化を防ぐ運動、日常生活動作の訓練
  • 治療促進のための看護   : 医療機器・器具の管理、服薬指導
  •                 主治医の指示による処置(褥瘡予防、カテーテル管理等)
  • 療養相談         : 健康管理、日常生活に関する相談、家族の健康相談
  • 終末期の看護       : 痛みの緩和、本人や家族の精神的な支援、看取りの体制に関する相談

ご利用までの流れ

①ご自分の担当ケアマネジャーにサービスの利用をご相談ください

まずはケアマネジャーに現状困っていることを伝え、訪問看護の利用を検討してもらいましょう。

 

②サービスを利用することが決まったら、ケアマネジャーがサービス提供事業者(以下、「訪問看護
 ステーション」)へ連絡し、サービス提供の可否を確認します

連絡を受けた訪問看護ステーションは、サービスの提供が可能かどうかを確認します。

 

③訪問看護ステーションが決定したら、そのステーションから利用者ご本人の主治医へ、訪問看護指示
 書の発行が依頼されます

依頼を受けた医師はステーション宛に訪問看護指示書を送ります。

 

④担当のケアマネジャーがケアプランを作成します。

ケアマネジャーは、利用者ご本人の状態や介護保険給付の限度額を考慮しながら、利用頻度やサービス内容等、ご本人にとって最適なケアプランを作成します。

 

⑤ケアプランが完成したら、訪問看護ステーションはご本人・ご家族と契約し、サービスの利用開始
 です

サービス利用開始日は、ご本人・ご家族、担当ケアマネジャー、他のサービス事業者が話し合って決定されます。


利用料金

  • 1)介護保険
    • →介護保険法に基づく「訪問看護費」
    •  ※利用者負担は原則1割、所得に応じて2割負担
    •  
  • 2)医療保険
    • 健康保険法及び高齢者医療確保法に基づく 「訪問
    •    看護療養費」
    •    ※利用者負担は1割~3割
    •    ※利用する公的保険の種類によって基本利用料の
    •       割合が異なります。

 
詳細はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム